メルボルン留学


Melbourne

「世界一住みやすい街」メルボルン

メルボルンはオーストラリア第2の都市です。美しいヨーロッパ調の街並み、おしゃれなカフェと美味しいコーヒー、緑豊かな公園など、のんびりとしたオーストラリアンライフを楽しむには最適な環境です。

また、穏やかなオーストラリア人の国民性もあり、治安も非常に良いです。初めて留学する方も安心して生活できます。

英国誌「エコノミスト」が毎年発表している「世界で最も住みやすい都市ランキング」では、7年連続でメルボルンが1位を獲得しています。

日本とは違う四季を楽しめる都市

メルボルンには日本と同様に四季があります。「オーストラリアは常夏の国」と思いがちですが、オーストラリアの南に位置するメルボルンは温帯性気候に属し、年間を通じて季節の変化を感じることができます。

春は新緑、夏には海水浴、秋は紅葉、冬はスキー、というように季節ごとの景色の美しさやアクティビティを楽しめます。「四季」と言っても日本とは移り変わりが異なります。メルボルンならではの四季を楽しめます!

また、メルボルンは天気が変わりやすいことで有名。「1日の中に四季がある」と表現されることもあります。

日中と朝晩の気温差が大きく、夏でも薄手のカーディガンなどが必要になります。1日中雨が降ったり止んだり、という日も珍しくありません。

また、年間を通して紫外線が強く、サングラスや日焼け止めなどの紫外線対策は必須です。

フレンドリーな国民性

オーストラリア人は非常にフレンドリーです。地図を片手にうろうろしていると、声をかけてくれて道案内をしてくれることも!

オーストラリアは留学生を積極的に受け入れているので、留学生と交流することに慣れています。ホームステイでもフレンドリーに接してくれるので、楽しく英語に触れる機会を作りやすい環境です。

また、親日的なオーストラリア人が多く、現地の中学校や高校では外国語として日本語を勉強している子供も数多くいます。「寿司」「抹茶」「漫画」「アニメ」といった日本文化も大人気です。

世界一美味しいコーヒーの街

メルボルンはコーヒーが美味しい街として有名です。朝はコーヒーを片手に出勤、休日も家族や友達とカフェでおしゃべりと、メルボルンに住む人たちにとってコーヒーは欠かせない存在なのです。

バリスタコースがある語学学校が多いのもメルボルンならではの特徴で、バリスタに憧れて留学先としてメルボルンを選ぶ人も多くいます。コーヒー好きやおしゃれなカフェ巡り好きな方にはたまらない環境です。

メルボルン留学で使用できるビザ

観光ビザ

  • 3か月以内の滞在
  • 3か月以内であれば学校に通うことも可能

学生ビザ

  • 申請に6歳以上であること
  • 3か月以上の留学を目的とすること
  • 入学する学校が政府認定校であること
  • フルタイムのコースを受講すること
  • 各コース80%以上の出席率が必要
  • 週20時間以内の就労が認められている
  • OSHC(Oversea Students Health Cover)という留学生健康保険への加入が義務付けられる

ワーキングホリデービザ

  • 18歳~30歳で取得可能(取得時の年齢が30歳であれば、誕生日を過ぎても渡航可能)
  • 滞在可能期間は1年間 ・就学可能期間4ヵ月

セカンドワーキングホリデービザ

セカンドワーキングホリデービザとは、一定の条件をクリアすれば、もう1年間ワーキングホリデーができるというビザです。

通常、ワーキングホリデーは人生で一度きりですが、オーストラリアは世界でも珍しく「セカンドワーキングホリデー」をすることができます。

取得の条件

  • 申請時に30歳以下である
  • 一度目のワーキングホリデー期間中に、三か月(88日)以上労働不足産業である農林水産業の労働を行う(通称「ファーム」と呼ばれます)