メルボルン留学のエージェントの選び方 ー 費用・メリット&デメリット

メルボルン留学するなら、留学エージェントを利用したほうが良いの?手数料や仲介料金はどれくらいかかるの?仲介料金を無料にする方法って?そんなエージェントに関する疑問の全てにお答えします。最後には、エージェントを利用しない個人手配の方法も紹介!

留学エージェントとは

留学エージェントとは、留学を希望する人と留学先の国の仲介をしてくれる存在です。

留学のカウンセリングやアドバイス・ビザの申請・語学学校の選定・入学手続き・ホームステイや学生寮の紹介・入居手続き、海外保険の紹介・申し込み手続きなど、留学の準備に必要なすべてをサポートしてくれます。

自力ですべてをまかなうことも可能ですが、英語がわからない人や海外初心者の人にとっては強い味方です。

ただ、渡航後すぐにシェアハウスなどアパート暮らしをしたい場合の入居先探しや入居の手続きは自分で行う必要があります。

留学エージェント利用にかかる費用

エージェントの仕組み

留学エージェントには、有料と無料と2つのタイプが存在しています。

有料エージェント

留学に必要なサポートに対しての費用として留学生から費用を得るタイプです。

無料エージェント

語学学校に留学生を紹介した紹介手数料として、学校側から費用を得て、留学生からは費用を徴収しないタイプです。(一部有料の事もあります)

エージェントの仲介料相場

留学エージェントの手数料相場は10~15万円です。

15万円以上は高額です。ビザ申請などのサポートに加え、渡航前の英語サポートなど別途のサービスが無い場合は他のエージェントや個人手配と比較することをお勧めします。

留学エージェントを利用するメリット

カウンセリングを通じて、さまざまなアドバイスがもらえる

留学どころか海外に行くこと自体が初めての経験の場合、ネットで情報を調べられてもなかなか具体的なイメージが沸かないことも多くあります。

語学学校やホームステイ先の選び方や現地生活、海外インターンなど含め、いろいろな情報から自分に最適なプランをサポートしてもらえることは留学初心者だけでなく、留学経験者にとっても大きなメリットです。

手続きを代行してもらえる

学校への入学手続きやホームステイ先への入居手続きなど、諸々英語でのやり取りが必要なことを代行してくれます。

自力でもできますが、英語がわからない人がやろうとするととても時間がかかる上に、内容を間違えて理解してしまったり、トラブルになることも考えられます。

慣れたエージェントに代行してもらえるのはメリットです。

サポート費用無料のエージェントもある

さまざまなサポートをしてもらえて、手数料が無料だとしたら依頼しない手はありません。

留学エージェントを利用するするデメリット・失敗例

費用がかかるエージェントもある

エージェントはボランティアではありませんので、語学学校やホームステイの紹介・入学・入居手続き代行をしてもらうのには通常費用が発生します。

10~15万円程度かかることが一般的なので、費用を少しでも抑えたい人にとっては大きな出費となってしまいます。

また無料のように見えても、送金手数料や為替レートから個人手配するよりも余分な費用が上乗せされている場合もあります。

倒産によって支払った費用がなくなったケースがある

留学エージェントに支払った費用が学校に支払われないまま倒産されてしまったケースが過去に何度もあります。

大手留学エージェントの倒産事例もあるため、大きい会社だから安心ということは決してありません。

担当者と合わない

担当者が留学した国や都市ばかりを勧められて、自分の希望を全く汲み取ってもらえなかったり、単純に相性が悪いこともあります。

担当者を変えてもらうことも可能ですが、実際はなかなか言い出しづらいものです。希望と異なるプランで話が進んでしまい、いざ留学したらやっぱり違って後悔するといった人もいます。

留学エージェントを利用すべきなのはどんな人?

オーストラリアに行った経験がない人

オーストラリアの中には主要都市がいくつか存在しています。場所によって雰囲気や気候、やれることが異なります。

勉強重視なのか、海外インターンなどの仕事重視なのか、自分の留学に適した場所の相談したい人もエージェント利用がお勧めです。

留学初心者

他の国や都市で留学経験がある人の場合、ある程度英語力もあって自分で諸々手続きができるという人もいると思います。

一方、留学経験がない人だと、英語力があっても何をどのように手続きすれば良いかわからず、時間ばかりかかってしまいます。

エージェントを利用すれば、やるべきことを整理して順序立てて進めることが可能に。申請や手続きに漏れがないことも利用するメリットです。

留学エージェントを選ぶポイント

自宅から行きやすい場所にある

エージェントを利用する場合、カウンセリングに始まり各種手続きをする必要があります。

渡航前に何度もオフィスに足を運ばなくてはならないでしょう。

遠くて行きづらい場所を選んでしまうと行ける日や時間が限られてしまい、思い通りのスケジュールで進められない可能性が出てしまいます。

学校や仕事終わりにも寄れる場所を選ぶことも重要なポイントです。

費用とサポート範囲

有料のエージェントの場合、一般的に10~15万円程度のサポート費用が発生します。

この金額以上のサポート費用を要求される場合は、別のエージェントにも話を聞きに行き、費用とサポート範囲の比較をすることをお勧めします。

エージェントの中には少し割高でも、渡航前に英語教室での英語力向上サポートをしているところもあり、高くても納得感があるかもしれません。

カウンセラーの知識と経験

カウンセラーは留学経験があって、現地の語学学校や情報に詳しい人もいます。

自分の留学プランに合ったアドバイスや情報提供をしてくれるかどうかで、良い留学生活のスタートが切れるかを左右します。

カウンセラーはエージェント選びの最重要ポイントと言っても過言ではありません。

当たり障りの無いことしかアドバイスしてくれなかったり、こうした方が良いと強引に話を進めたがるようなカウンセラーは要注意です。

カウンセラーと合わないと思った場合は、担当者を変更してもらうか、ほかのエージェントでも話を聞いてみましょう。

お勧めエージェント

留学ジャーナル

留学業界で最も実績がある最大手の留学エージェントです。有料エージェントですが、サポート内容や対応に定評があります。
https://www.ryugaku.co.jp/

オーストラリア留学交流協会・MTSC

メルボルンに拠点を置く現地エージェントです。無料でサポートを受けることができます。
http://www.mtsc.com.au/

個人手配もお勧め

メルボルン留学は個人手配でも実現可能です。

個人で手配すれば、ビザの申請、語学学校や滞在先の決定と手続きが自由にできます。

加えて、エージェントへの費用が発生しないことがメリットとして挙げられます。

一方で留学ビギナーの人からすると、英語でのやり取りが必要になる点と、手続きするべきことが何かがわからないので、時間がかかる上に不安もあることがデメリットです。

個人手配はこんな人にお勧め

留学経験者で、英語でのやり取りにも問題がない人

オーストラリアには数多くの語学学校とホームステイ先が存在しています。エージェントで紹介するのはその中の一部。自分で自由に探してプランを作りたい人は、個人手配の方が良いでしょう。

学校やホームステイを利用しない人

学校やホームステイを利用しない人であれば、やることはビザの申請と航空券の購入、保険の加入など、英語力を必要としないものもあるので個人手配でも十分対応可能です。

費用を抑えたい人

個人手配の一番の魅力はやはり留学費用を最小限にできることです。自分で手続きすることで余計な費用が一切発生しません。

お勧め個人手配サービス

初めての留学でもエージェントを使わないでやってみたい、少しでも費用を抑えて手続きした、という人も多いと思います。

そんな人には、個人手配をサポートしてくれるサービスの利用がお勧めです。

留学エージェントと個人手配の両方のメリットを受けることができます。

留学エージェント利用の体験談

私は6年間勤めた会社を辞め、エージェントを利用してオーストラリア留学を経験しました。

留学もオーストラリアに行くこともどちらも初めてで、英語にもまったく自信がない状態でした。そのため、エージェントを利用して良かったと思っています。

特に留学を決めた当時、社会人で企業勤めをしていたので忙しくしていたこともあり、手続きを進めてくれたことはとても助かりました。

自分でやらなければいけない状態になっていたら、留学に行く時期がずれたか、諦めて行かなかったかもしれません。

担当してくれた人はオーストラリアに行ったことがない人でしたが、海外経験の長い人でした。

良い話が聞けて、留学に行ってみたいという気持ちにさせてくれました。