メルボルンのお勧め語学学校 ー 費用と選び方・人気校を比較

語学学校選びを制すものは、メルボルン留学を制す!メルボルン留学を大成功させるための語学学校の選び方と、タイプ別のお勧め語学学校を紹介します。初心者にお勧めの学校、短期留学・長期留学それぞれにお勧めの語学学校、キャリアアップに効果的なコースや大学生にお勧めのアクティビティが豊富な学校などの一覧を比較しながらご紹介。また、メルボルンの語学学校に通った際にかかる費用や、生活スケジュールも解説します。

メルボルンの語学学校の特徴

メルボルン語学学校
Universal Institute of Technology

メルボルンにはシティと呼ばれる中心街がありますが、その中には実に多くの語学学校が存在しています。

多くの語学学校が一般英語クラス、IELTSクラス、ケンブリッジクラスを持っており、プラスαとしてビジネス英語クラスとバリスタコースを持っています。

バリスタコースはカフェ文化が盛んなメルボルンならではのコースです。

「英語を母国語としない人の英語力を判定するためのテスト」として、アメリカではTOEFLというテストを採用していることが多いですが、イギリスやオーストラリアではIELTSを採用しています。

授業はグループレッスンのみで、マンツーマンはありません。

授業の内容はどの学校も大きな違いはありませんが、移民の国と呼ばれるオーストラリアでは講師が英語圏以外の国出身の人もたくさんいます。

ネイティブ並みの英語力ではあるものの、発音が聞き取りずらいと感じることもあり、講師の質に差を感じることもあるでしょう。

1クラスあたりの生徒数についても、どの学校も大きな違いはありません。

日本人を含むアジア人が多い傾向の学校もあれば、ヨーロピアンや南米系が多い学校もあります。

メルボルン語学学校の費用相場

1年間のメルボルン語学学校の費用相場

入学金1.5〜2万円
授業料約100〜120万円
教科書代1.5〜2万円
合計103〜124万円

メルボルン語学学校の1日のスケジュール

メルボルン語学学校
Milestones English Academy

メルボルンの語学学校に留学している生徒の1日のスケジュールは下記になります。

語学学校によって1レッスンの時間数が異なります。

7:00起床、準備、朝食
8:20学校到着
8:30~10:001限(ウォーミングアップ~リスニング)
10:15~11:452限(リーディング)
11:45~12:45ランチタイム
12:45~14:15ライティング
14:30~16:00アクティビティ(自由参加)
17:00帰宅
19:00夕食
20:00~23:00自由時間、シャワー、就寝

メルボルン語学学校のコース例

メルボルン語学学校
Universal Institute of Technology

メルボルンの語学学校では一般英語コース以外にも様々なプログラム・コースを開催しています。

IELTSコース

英語圏ではTOEICではなく、IELTSが英語力を測る指標として使われています。

TAFE(専門学校)や大学進学する時にもこのIELTSのスコアが一般的に用いられます。IELTSコースは、専門講師の授業による試験対策に特化したカリキュラムが組まれています。

ビジネス英語コース

ビジネス英語の使い方やビジネスメールの書き方など、ビジネスシーンで使える英語力を養うコースです。

バリスタコース

バリスタの仕事に就くためのノウハウを学ぶコースです。カフェ文化が盛んなメルボルンならではのコース。専攻するには中級以上の英語力が必要です。

メルボルン語学学校の選び方

メルボルン語学学校
OHC Melbourne
  1. ペンギンちゃん

    メルボルン留学について調べはじめたばかりで、語学留学をする場合はまずは何からすれば良いかな?

  1. まずはメルボルンにどんな語学学校があるか知ることが大切だよ。

    キリン先輩

次にどんな語学学校いいのかを考え、自分にあった語学学校を見つけ出します。下記は語学学校を比べる時にチェックしておく良いポイントです。

周辺環境

語学学校の周辺の治安やスーパーマーケット、カフェ・レストランなど留学生活で利用する施設が近くにあるのかをチェックすると、ストレスのない留学生活が送れます。

学費

語学学校の学費はどこも1週間単位の費用を提示しています。

安い学校と高い学校では1週間に100ドル(約8千円)程度違うこともあり、学校に通う期間が長くなればなるほど費用に差が出てきます。

費用は誰にとっても重要な決め手となるでしょう。

国籍比率

学校によって生徒の国籍比率が違います。日本人が多いところもあれば、さまざまな国籍の人がいる学校もあります。

とにかく英語を使いたい人は日本人が少ないところ、日本人の知り合いや友達を増やしたい人は日本人が多いところ、というように国籍比率も確認しましょう。

アクティビティ

授業とは別に自由参加のアクティビティを設けている学校も多数あります。英語により長く触れられて、クラス以外の人とも交流を深める良い機会です。

同じ学費を払うのであれば、アクティビティが充実している学校がお勧めです。

留学初心者にお勧めの語学学校

Impact English College/インパクト

メルボルン語学学校
Impact English College

Impact English College/インパクトはメルボルンの中心地にある語学学校です。

生徒からの評判が高いこと、日本人の在籍率も高いので友達も作りやすい環境が留学初心者にとって安心です。

一般英語以外のコースも充実しており、長期で勉強を考えている人も向いています。

▼Impact English Collegeの授業

メルボルン留学 語学学校
Impact English College Melbourne
LINE相談(無料)
予約サイト

短期留学(1週間〜1ヶ月)にお勧めの語学学校

Discover English/ディスカバーイングリッシュ

メルボルン語学学校
Discover English

Discover English/ディスカバーイングリッシュはメルボルンの中心地から近く、通うのに便利であること、毎日授業とは別の自由参加アクティビティや選択授業が組まれています。

1週間~1ヶ月の短期留学でも長く英語学習の環境に身を置けることが特徴です。マンツーマンレッスンはありませんが、アクティビティはクラスのレベル関係なく参加なので、さまざまな人と交流を持つチャンスです。

留学初心者の人には良い刺激になるでしょう。

▼Discover English/ディスカバーイングリッシュのアクティビティ

メルボルン留学 語学学校
Discover English/ディスカバーイングリッシュ
LINE相談(無料)
予約サイト

長期留学(3ヶ月〜1年)にお勧めの語学学校

Greenwich English College/グリニッジ

メルボルン語学学校
Greenwich English College

Greenwich English College/グリニッジは、一般英語クラス以外のアカデミックコース(IELTSやケンブリッジ)にも力を入れています。

長期留学や留学経験者で、一般英語以外のクラスも挑戦したいと考えている人にお勧めです。レベルが高いクラスになればなるほど、日本人含むアジア人の在籍率は減っていく傾向にあります。

▼Greenwich English College/グリニッジの授業風景

メルボルン留学 語学学校
Greenwich English College/グリニッジ
LINE相談(無料)
予約サイト

キャリアアップしたい社会人にお勧めの語学学校

Hawthorn Melbourne/ホーソン

メルボルン語学学校
Hawthorn Melbourne

Hawthorn Melbourne/ホーソンは国内屈指の名門、メルボルン大学の提携英語学校です。

中心地からは離れた場所にありますが、メルボルン大学内にあるため、体育館をはじめスポーツジム、キャンティーン、図書館など、私立の英語学校にはない充実した施設を利用できる点は強みです。

楽しみ半分で来ている留学生よりも、真剣に英語に取り組みたいと思っている30代や社会人にぴったりの環境です。ネイティブと関わる機会もあり、ストイックに英語力を伸ばせれば、キャリアアップにも繋げられるでしょう。

IELTSテスト対策クラスなどの一般英語クラスや進学英語クラス、ビジネス英語などコースは多岐に渡ります。

日本では英語力を測る指標としてTOEICが使われますが、オーストラリアではIELTSが一般的です。

オーストラリアの語学学校にTOEICのコースは基本的に存在しませんが、IELTSはTOEICと同じくリーディングとリスニングのテスト項目があります。

そのため、IELTSの対策はTOEICにも必ず役に立ちます。

また、日本のビジネスマンの間では、ビジネスにおける最高峰の学位であるMBA(Master of Business Administration)の取得がキャリアアップに注目されています。

MBAを取得するためには、語学学校でも専門学校でもなく、大学院でコースを専攻する必要があります。

▼Hawthorn Melbourne/ホーソンの授業風景

メルボルン留学 語学学校
Hawthorn Melbourne/ホーソン
LINE相談(無料)
予約サイト

アクティビティも楽しみたい!大学生にお勧めの語学学校

ILSC Melbourne/ILSCメルボルン

メルボルン語学学校
ILSC Melbourne

ILSC Melbourne/ILSCメルボルンは、学校をあげてチャリティーやボランティアへの積極的な取り組みを行っている学校です。

キャンパス内で行われる学生主導のチャリティーイベントや、学外でのボランティア活動に気軽に参加できます。

アクティビティやイベントが多く、英語を使う機会が増やせること、クラス以外の人とも交流が持てることは大きなメリットです。

大学生であれば同年代の人も多くいるので、きっと楽しめるでしょう。

▼ILSC Melbourne/ILSCメルボルンのアクティビティ

メルボルン留学 語学学校
ILSC Melbourne/ILSCメルボルン
LINE相談(無料)
予約サイト

メルボルンとブリスベン、語学学校行くならどっち?

学費が安いのはメルボルン?ブリスベン?

メルボルンとブリスベンの語学学校の費用(月間)相場をご紹介します。

メルボルン約12万円
ブリスベン約12万円

※ 1ドル80円計算(2018年12月時点)

上記費用は入学金、教材費も含んだ目安金額となります。

メルボルンとブリスベンはどちらも人気で教育の質も高い都市なので、学費は同じ水準です。

学校ごとに実施しているキャンペーンをうまく活用できれば、上記費用よりも予算を抑えることが可能です。

もっと詳しいメルボルンとブリスベンの語学学校を知りたいなら下記がお勧めです。

  1. もっと詳しいメルボルンとブリスベンの語学学校の情報を知りたいなら下記リンク先で解説してるよ。

    キリン先輩
メルボルンの語学学校をもっと詳しく知る
ブリスベンの語学学校をもっと詳しく知る

メルボルンとブリスベン特徴・メリット比較

それぞれの都市と語学学校の特徴を見ていきましょう。

メルボルン

  • シドニーに次ぐ人口数で、多国籍な環境
  • 教育水準は高く、十分に選べる学校数がある
  • ビギナーからハイレベルまで英語力を伸ばせる多くのコースがある
  • カフェが多く、バリスタを目指す人は仕事探しがしやすい
  • 国内の名門大学がある

ブリスベン

  • 教育水準は高く、十分に選べる学校数がある
  • ビギナーからハイレベルまで英語力を伸ばせる多くのコースがある
  • 国内の名門大学がある

いろんな国の留学・語学学校まとめ

●アメリカ留学

ーーニューヨークのお勧めの語学学校
ーーロサンゼルスのお勧めの語学学校

●カナダ留学

ーートロントのお勧めの語学学校
ーーバンクーバーのお勧めの語学学校
ーーカナダの語学学校を現地で予約・申し込み法を解説!

●オーストラリア留学

ーーシドニーのお勧めの語学学校
ーーメルボルンのお勧めの語学学校
ーーブリスベンのお勧めの語学学校
ーーゴールドコーストのお勧めの語学学校
ーーオーストラリア の語学学校の予約・申し込み方法を解説!

●フィリピン留学

ーーマニラのお勧めの語学学校
ーーセブのお勧めの語学学校
ーー大学生にお勧めのセブの語学学校

●イギリス留学

ーーロンドンのお勧めの語学学校
ーーオックスフォードのお勧めの語学学校

●ニュージーランド留学

ーーオークランドのお勧めの語学学校

●アイルランド留学

ーーダブリンのお勧めの語学学校

LINEでカンタン留学相談(無料)
目的別の学校選びのポイント